お好み焼き鉄板台情報

お好み焼き店、鉄板焼き店で使われる、鉄板台についてのご案内ページを開設しました。
内容は、弊社が設計、製作した特注鉄板台についての説明となりますので、ご理解よろしくお願いします。

鉄板台基礎知識
鉄板台には、調理を目的とする、鉄板台と、提供する料理を保温する目的の鉄板の2種類があります。
調理を目的とする鉄板台の特徴
1:鉄板台寸法(何名で調理を行うかで記載しています)
1人の場合 幅1800*奥行800

2人の場合 幅2400*奥行800

3人以上、または、鉄板の前に取付けるカウンターに10名以上の席数を設けたい場合は、上記の寸法より

長く製作します。但し、鉄板は分割になります。

2:バーナー
設置する鉄板サイズにより数が決まります。(バーナーの形は丸バーナーが基本となります)
幅1800の場合、3バーナー

幅2400の場合、4バーナー

上記以上の寸法の場合、ご使用方法によって打ち合わせの上バーナー数を決定いたします。
丸バーナー以外に、棒状の棒バーナーや、H型をしたHバーナーなどもあり、用途によって使い分けます。
例えば、鉄板を均一に加熱したい場合や、関西風のお好み焼き店の場合に使います。
3:鉄板の厚さ
標準は19ミリ。ただし、料理の内容や、ご利用になるお客様の希望により厚みを増す事もあります。
例えば、鉄板に蓄える熱量を増やしたい場合は、24ミリ、30ミリと厚くします。ただし、加熱するまでの時間は
標準の19ミリと比べて時間はかかり、当然ガスの使用量も増えますが、食材にじっくり熱を加えるには最適です。
4:鉄板の架台
自然排気型 燃焼ガス、熱を自然に排出するタイプ。鉄板の左右に排熱口を設け排熱します。

強制排気型 ファンを利用し、燃焼ガス、熱を強制的に排出します。鉄板台の左右どちらかに、煙突を取り付ける
必要があります。
強制排気型のメリットは、鉄板台周辺の温度が強制排気型のほうが低い。有害物質(二酸化炭素、不完全燃焼時のガス)
などが直接排出されないなど、近年は、強制排気型が主流となっております。

保温を目的とする鉄板台の特徴
1:鉄板台寸法
鉄板の長さは、座席数によって決定します。鉄板の奥行は標準が350ミリです。
2:バーナー
棒バーナーを使用します。
3:鉄板の厚さ
標準は16ミリ。
16ミリ以上も製作可能ですが、あくまでも保温がメインなので16ミリ以上を使用する事はほぼありません。
逆に、16ミリより薄くすると鉄板サイズにもよりますが、鉄板自体が反る事もありますので、基本16ミリとします。

4:鉄板の架台
保温用も自然排気型、強制排気型の2種類があり、特徴は、調理用鉄板と同じです。
ただし、自然排気型の場合、鉄板のジョイント部分に排熱口を設けるので、鉄板は分割になります。

以上、お好み焼き、鉄板焼き用の鉄板台の説明となります。
上記内容のご質問や、価格につきましては、メール、お電話にて弊社までお問い合わせください。

弊社の製作鉄板の写真

調理用鉄板台と保温用鉄板台を両方を兼ね備えた鉄板台です。
排熱方式は、強制排気型。バーナーは調理用は、特殊H型バーナーと特殊棒バーナー。
保温用は、棒バーナー(ノーマルタイプ)

保温用鉄板台です。鉄板台寸法はW4500*D350。強制排気式。
バーナーは棒バーナー(ノーマルタイプ)